Entries

スポンサーサイト

【珊瑚HOナロー】 1/87 東洋活性白土専用線2号ベースキット(エッチング板)

▲中身はエッチング板2枚と挽物パーツがセットになっていた。(所蔵:浅野俊雄)発売初年:1975年(広告:TMS314号['74年8月号]発売予告初出、326号['75年8月号]初出・同号に製品紹介も掲載)発売当初価格:1,000円(後年2,000円に改訂) 基本的には自分でケガキや切抜きを行う必要があるエッチング板であるが、板のほかに挽物パーツや詳細な説明書が添付され、さらには下回りにZゲージの動力を指定し、HOの6.5mmゲージナローの製作...

【珊瑚HOナロー】 1/80 沼尻車輛エッチング板(ディーゼル/ガソリンカー/オープンエンドボギー客車2種)

珊瑚が“ダックス”に端を発するわが国のHOn2-1/2製品のパイオニアであることは連載の冒頭でも述べたが、それ以前より1/80スケールでナロー車輛の車体エッチング板を発売していた。抜き落とし済・折り曲げスジ入りが当たり前な現代のそれとは違い、モールドは片面のみで、パーツの切り出しは窓抜きを含め自分でケガいて糸ノコで切り抜かねばならないし、足回りも完全にユーザー任せ。完成させるには自作に近い手間が必要な、“昔なが...

【珊瑚HOナロー】 1/80 住友セメントDL・鉱車エッチング板

■1/80 住友セメントDL・鉱車エッチング板▲上:10tDL/下:鉱車(ともに所蔵:安達良樹)・DL発売初年:1972年(広告:TMS294号['72年12月号]初出)発売当初価格:250円(後年360円に改訂)・鉱車発売初年:1972年(広告:TMS293号['72年11月号]初出)発売当初価格:250円(後年360円に改訂)沼尻鉄道の4種類に続いてリリースされた1/80ナローのエッチング板。発売は1972年でまさしく『ダックス』前夜のことであり、これを最後に珊...

【珊瑚HOナロー】 沼尻サハ(I・II)

■沼尻サハ(I)発売初年:1975年(広告:TMS326号['75年8月号]発売予告、329号['75年11月号]初出/340号['76年10月号]製品紹介掲載)発売当初価格 ベースキット:2,200円プロトタイプはガソ101の増結用として作られた半鋼製の2軸客車。最初1931年にサハ8が岩崎レール工業で、追ってサハ9・10の2輛が1933年に新潟鐵工所で製造されている。側面の扉は向かって左側に点対称の配置になっており、妻面には貫通扉を有する。他のボギー客...

【珊瑚HOナロー】 沼尻 ラッセル

■沼尻 ラッセル▲組立作例(製作:新井一雄)発売初年:1987年(広告:TMS493号['87年11月号]初出)発売当初価格ベースキット:3,600円(2001年 5,400円)1987年に他車種の再生産と同時にお目見えした製品で、セタのバリエーション的な内容ではあるが、沼尻シリーズとしては最新の車種。プロトタイプは、1950年にセタのうちの1輛の改造によって生まれた除雪車。改造後も従来の車番(=セタ36)をそのまま名乗っていた。キットも実...

【珊瑚HOナロー】 沼尻ワフ

■沼尻ワフ▲ワフ 組立作例(※引戸上辺のドアレールはノンオリジナル/製作:新井一雄)発売初年:1981年(広告:TMS407号['81年10月号]初出/408号['81-11]製品紹介掲載)発売当初価格ベースキット:2,400円(1987年2,800円、2001年4,000円)塗装済完成品:不明セタと同時に製品化された沼尻鉄道の有蓋緩急車。プロトタイプは1916年に4輛が服部商店で作られ、そのうちワフ2・3が最後まで残ったが、晩年はあまり活躍の機会はなかっ...

【珊瑚HOナロー】 沼尻セタ

■沼尻セタ発売初年:1981年(広告:TMS407号['81年10月号]初出/408号['81年11月号]製品紹介掲載)発売当初価格ベースキット:1,800円(1987年2,000円、2001年2,800円)塗装済完成品:不明(1982年頃存在?)沼尻鉄道にとっては硫黄の積み出しに欠かせない無蓋車『セタ』だが、製品化されたのは動力車・客車に対しワンテンポ遅れて1981年。後述の『ワフ』と同時に発売された。実物は大正時代の開業時より延べ数十輛が存在。すべて...

【珊瑚HOナロー】 沼尻客車(シボフ・ボハフ)

■沼尻客車(シボフ・ボハフ)▲ボハフ 素組み作例 ▲シボフ 窓を一部開放状態にし人形を搭載した作例(製作:松村秀俊) 発売初年:1973年 (広告:TMS302号['73年8月号]発売予告、303号['73年9月号]初出/313号['74年6月号]製品紹介掲載) 発売当初価格 ベースキット:1,850円(1979年2,800円、1987年台車別キット2,800円、2001年より6,800円) 塗装済完成品:3,360円('76年再生産時4,350円) 『ダックス』発売の翌年に、HOナ...

【珊瑚HOナロー】沼尻ガソ101(II)

▲現行(II)キットの組立例。ヘッドライトはノンオリジナル。(製作:新井一雄)発売初年:1987年(広告:TMS491号['87年9月号]初出)価格(税別)ベースキット:6,800円(1987年)      →11,000円(2001年)ガソ101は、1987年の再生産時にDC12同様動力装置のリニューアルが行われた。新しい動力は、モーターを室内中央に横置きし、両軸のウォームから各々アイドラー1枚を経て動輪に落とす方式。それゆえ、窓上にも車体裾下...

【珊瑚HOナロー】 沼尻ガソ101(I)

▲キャラメルモーター仕様だった初代(I)の塗装済完成品。シボフ・ボハフの完成品と比べブルーの色味がやや濃い目だった。発売初年:1975年(広告:TMS326号['75年8月号]発売予告初出、329号['75年11月号]初出/330号['75年12月号]製品紹介掲載)発売当初価格塗装済完成品:8,800円(1976年)ベースキット:4,500円(1975年)       →4,800円(1980年)沼尻ガソ101は、わが国のナローゲージモデルの世界ではかねてより人気の...

【珊瑚HOナロー】 沼尻DC12(II)

■沼尻DC12(II)発売初年:1987年(広告:TMS491号['87年9月号]初出、とれいん154号['87年10月号]製品紹介掲載)価格(税別)ベースキット:8,000円(1987年)      →14,800円(2001年)沼尻DC12は、1987年に久々にキットの再生産がなされたが、それを機に動力装置がリニュアルされたため、初代とは別枠でご紹介する。動力はモーターをキャブ内に横置きし、ウォームからアイドラーを経て中間動輪に落としてロッド連動する構...

【珊瑚HOナロー】 沼尻DC12(I)

■沼尻DC12(I)▲塗装済完成品。ヘッドライトが前後とも省略されている一方で、端梁には凝ったゼブラ塗装が施されていた。(所蔵:服部英之)発売初年:1974年(広告:TMS309号['74年3月号]発売予告初出、315号['74年9月号]初出/326号['75年8月号]製品紹介掲載)発売当初価格未塗装完成品:5,800円(1974年発売)ベースキット:4,000円(1975年発売)未塗装キット:5,200円( 〃 )塗装済完成品:6,900円( 〃 )付属パーツ:...

【珊瑚HOナロー】 沼尻シリーズ概要

▲左上から、DC12、ガソ101、ボハフ+シボフ、サハ、セタ (協力:服部英之/安達良樹/松村秀俊/矢島穂高/松尾賢二)珊瑚のHOナロー製品群の中でもっともファンに親しまれてきたのは、日本硫黄沼尻鉄道の車輛をプロトタイプとしたシリーズであろう。沼尻鉄道は、東京圏から近くかつ昭和40年代まで生き延びた軽便ということで、訪れたファンも多く、趣味メディアに姿を見せる機会も少なくなかった。殊に模型誌では、TMS誌における...

【珊瑚HOナロー】 製品一覧表

まず連載の第1回目にあたって、今までに発売された珊瑚のHOナロー製品の一覧表をお目にかけることに致します。二玄社刊『写真と図面で楽しむ鉄道模型』掲載のリストをベースに、手許にある製品現物や'80年代前半期の店頭配布物の情報なども加味してまとめてみたものです。 ただ、発売年や価格等、不明点も随所にある状態ですので、その辺を念頭にご覧いただければ、と思います。 → 珊瑚模型店 HOナロー製品一覧表(PDF) 【2017.6...

【珊瑚HOナロー】 ナロー用給水塔

■ナロー用給水塔▲組立・塗装例。手前のコッペル(イモン製)との対比からサイズを想像されたい。発売初年:1997年 (広告:TMS630号['97年8月号]発売予告、631号['97年9月号]初出・図掲載) 発売当初価格 ベースキット:2,600円(2010年現在2,800円) HOナロー向けの小ぶりな円筒形給水タンク。古くからのナローファンの方は察しがつくことと思うが、実質、初期の乗工社製品のリプロダクションといってよい製品。乗工社版はタンク...

【珊瑚HOナロー】 井笠客車

■井笠客車発売初年:1974年 (広告:TMS313号['74年7月号]発売予告、314号[74年8月号]初出) 発売当初価格 ベースキット:2,380円(1982年再発売時2,800円) 未塗装完成品:不明(TMS318号[1974年12月号]広告に告知は有) 塗装済完成品:4,650円(1976年発売) 沼尻シボフ・ボハフに次いで登場した日本型軽便ボギー客車。プロトタイプは、井笠鉄道の開業時に導入された日本車輛製の木造ダブルルーフ客車(ケホロハ1・2/ホハ3~6→...

【珊瑚HOナロー】 木製運材台車(II)

■木製運材台車(II) (パッケージ品名表記は『運材台車』、組立説明書の品名表記は『木曾森林鉄道 運材台車』、雑誌広告では『木曽木製運材台車』)発売初年:2001年(広告:RMM74号[2001年10月号]初出)発売当初価格:ベースキット(2輛一組)2,600円 (2010年現在税抜価格変わらず)HOn2-1/2製品草創期のラインナップの一つであった木製運材台車(I)の完全リニュアル製品。先代が市場より姿を消してから約20年ぶりの復活とな...

【珊瑚HOナロー】 木製運材台車(I)

■木製運材台車(I) (※製品現物及び広告上の品名表記は『運材台車』)発売初年:1973年 (広告:TMS302号初出) 発売当初価格:ベースキット(2輛一組)850円、後年1,200円に改訂 同社のHOn2-1/2製品としては、『ダックス』シリーズ、沼尻シボフ・ボハフに次ぐ発売。 木曽をはじめとするわが国の森林鉄道によく見られた、片側にデッキ手摺とブレーキハンドルを備える木製台枠の運材台車をプロトタイプとしている。車輪はデルリン...

シリーズ連載-珊瑚模型店のHOナロー製品小史

珊瑚模型店といえば、16番を中心とした真鍮製バラキットのメーカーとして名高い一方で、わが国における9mmゲージナロー(HOn2-1/2)の車輛製品のパイオニアでもあり、一時期はOナローも含めて熱心に製品化に取り組んでいました。また、最初のHOn2-1/2製品である“ダックス”に数年ほどさきがけて、すでに1/80スケールで沼尻鉄道などの車輛素材エッチング板を何種類かリリースしていたことも記憶しておきたい事実です。 最近ではナロ...

Appendix

プロフィール

kurikura

Author:kurikura
極北ナローモデラーの溜まり場・クリッターズクラブであります。
主管理者:cjm
連絡先:kurikuraz★gmail.com(お手数ですが★を@に替えて下さい)
■管理者ページ
   

最新記事

検索フォーム

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。