FC2ブログ

Entries

珊瑚模型店の閉店、軽便祭『珊瑚の節句』のことなど

皆様 こちらではたいへんご無沙汰しております。
何を今さら…というお話にはなりますが、何卒お付き合いください。

sango181223_f_IMG_1828.jpg
▲“珊瑚模型店”としての営業最終日の店頭。2018.12.23

●昨年-2018年の12月を以て、珊瑚模型店が惜しまれつつ閉店となりました。
小林社長は体調を崩されて昨年の秋口から店頭には立たれていませんでしたが、閉店の後を追うように、今年の2月に亡くなられたと伺いました。
個人的な話にはなりますが、珊瑚は、今を去ること40年近く前、ナローゲージ入門の時期に製品ともどもお世話になったかけがえのない模型店のひとつでした。一時期足が遠のいたこともありましたが、ここ十年程はパーツの入手や新たな製品でふたたび楽しませていただいていただけに、寂しさは禁じえません。
あらためて、小林社長のご冥福をお祈りするとともに、かつてお世話になった代々のスタッフの方々にも感謝を申し上げたいと思います。

sango181223_hon_IMG_1793.jpg
▲HOナロー製品の見本が集う最終日のショウケース。当方からも幾輛かをお預けしていたが、この日で一旦引き取ることに。

sango181223_a12_IMG_1803.jpg
▲最後のナロー製品となった、Onの井笠コッペル1号機

なお、その後、同店ではパーツや在庫品の販売を続けるため、4月の下旬より、ご親族の方により『サンゴパーツ』と名を改めて店舗営業を再開されています(営業:日曜日 11~17時)。

sangoparts190512_cb.jpg
▲店の構えは以前のままだが、2階の入口のドアに『サンゴパーツ』と。 2019.5.12



●珊瑚模型店の幕引きを惜しみつつ、これからも珊瑚のナロー製品を楽しもうという思いも込めて、去る9月29日開催の第15回軽便鉄道模型祭では、クリクラのテーマは『珊瑚の節句!』といたしました。
例年は祭の開催前に当ブログで告知をさせていただくのですが、今回こちらに手が回らず、ツイッターのみでのお知らせとなりましたことをお詫びいたします。

祭の当日は、下の写真のように様々な珊瑚のナロー製品・作品が集まりました。
以前『ダックス祭』はやったことがある(2008年/第4回)から…ということで、世話役のカワイさんは展示のプレートに(ダの字除く)と書き添えていましたが、フタを開けてみれば、何やかんやでダックスも10輛くらい(!)集まっておりました。
ほかにも沼尻や井笠の客車、住友シリーズ、サンデーリバーや同シリーズ改造のフリー客車など…Oナローは頸城コッペルやD&Sプリムス、加藤3tの姿が。展示にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

19sekku_trim_P1120475.jpg

19sekku_P1120496.jpg

19sekku_P1120493.jpg



●当ブログで2010年の春以来更新を続けてきた『珊瑚模型店のHOナロー製品小史』ですが、続けているうちに、二玄社の“珊瑚の本”の第2弾が出ることになって撮影協力などにお声がけをいただいたり、2014年からはダックスの復活やサンデーリバー・シリーズの再生産・新機種追加が相次いで嬉しい悲鳴を上げることになったのは良き思い出となりました。
しかし、『珊瑚模型店』の名のもとにリリースされたHOナローの製品は、けっきょく2017年3月発売のSR&RLの24号機が最後…ということに。そのエントリをアップしてから2年余りが経ちましたが、ここでブログの連載もひとまずは幕とさせていただくことに致します。

また、これを機に、ブログ連載記事を一度まとまったデータに編集することに致しました。結構なページ数となるため、印刷物ではなく一本のPDFファイルに納め、何らかの形で頒布しようかと考えております。
委細が決まりましたら、あらためてご案内いたします。
(cjm)
   
関連記事
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurikuraz.blog43.fc2.com/tb.php/76-c680d1ae
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

kurikura

Author:kurikura
極北ナローモデラーの溜まり場・クリッターズクラブであります。
主管理者:cjm
連絡先:kurikuraz★gmail.com(お手数ですが★を@に替えて下さい)
■管理者ページ
   

最新記事

検索フォーム