Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

S.R.&R.L. 2-6-2 No.24 【珊瑚HOナロー】

a12_srrl-24_trim2_P1030588-2re.jpg
▲完成見本(珊瑚模型店にて撮影)

2017年3月発売
価格:ベースキット 44,000円

前作のSR&RL No.9に引き続き、『サンデーリバーの仲間達』のパンフレット掲載の蒸機の新規製品化である。2017年3月5日開催の『スワップミート同窓会』で製造中サンプルの発表と購入予約受付をおこない、翌週に店頭発売となった。

実車は1919年にSR&RL鉄道最後の蒸機としてボールドウィン(BLW)で製造されたもので、先だって導入されていた、やはりBLW製の23号機(1913年製)と同じく、ワルシャート式弁装置をもつアウトサイドフレーム式の2-6-2テンダー機である。
この24号機には、製造時のミスでテンダーの幅を設計値より16インチも広く作ってしまった(*1)ことが原因で、デビュー早々にMadrid支線の橋梁上で派手な脱線事故を起こし、即座に自社工場でテンダーの幅詰め改造をする羽目になった…というエピソードがある。しかし、最初につまずきはしたものの、その後は一転、使い勝手の良い罐として愛され鉄道の廃止まで第一線で活躍した。
1台前に作られた23号機がメイン2フーター最大の罐で、その重さ(エンジン本体が31.5米トン)ゆえに活躍の場が旧SRRR区間のファーミントン~フィリップス間に限られた一方で、24号機はやや小柄で重量も27米トンと軽く、線路規格の低い支線区でも運転可能だったことも、重用された理由のひとつであろう。
1935年のSR&RL廃止後には、保存を目的としてファンに引き取られたが、そのわずか2年後の1937年には解体されてしまったという。

*1:本来84インチのところを、数値の読み違えで8フィート4インチで作ってしまった)

製品は、基本構造はダックスII/SR&RL No.18(II)に準じ、部品構成においてエッチングやロストの比率が高まっている点はNo.9と同様だが、じつは珊瑚のHOナロー蒸機としては初のワルシャート式弁装置の機種となった。クロスヘッドは新規の洋白ロスト製を用意。メインロッドとバルブギヤ廻りは洋白エッチング製で、メインロッド+クロスヘッド+コンビネーションレバー+ラジアスロッドと、加減リンク+エキセントリックロッド+リターンクランクはそれぞれ組立済となっている。
ただしサイドロッドは、フレームともどもNo.18(II)用の流用で、動輪の軸距も不等間隔(13+11mm)のままであり、実車とは異なっている点に注意(実車は等間隔の42in+42in→1/87で12+12mm)。メインロッドが今までの機種と異なり第3動輪取付となるため、サイドロッドの第2動輪用の孔にはクランクピンの頭が埋まるように後から座繰り加工がされている。
ダミーのアウトサイドフレームは、先行で分売されている、ダックス用のプラ製部品から型を起こしたロスト製。
伝導方法・ギヤの構成もダックスII/No.18(II)と同じだが、モーターはマシマS16〔M-16K〕。動輪はNo.9と同じカウンターウェイト付クランクのφ9片絶、先・従輪はφ6の両絶、テンダー車輪はφ6.0の片絶プレーン軸。イコライザー型のテンダー台車は従来のドロップからロストに変わっている。
キットに含まれるエッチング製塗装済のナンバープレートは、18号機・9号機の分もアソートされたもの。

a10_srrl-24_trim_kt_P1030611_re2.jpg

a12_srrl-24_trim_P1030620_re2.jpg
▲完成見本を別角度から。(珊瑚模型店にて撮影)

a16a_srrl-24-kit_kt_trim_P1020908_re.jpg
▲キットの内容

a16_sango-ai_srrl-24_cb_reh_l.jpg
▲組立説明書はB5判片面2枚。左頁側図面上の動輪ホイールベースは実物に準ずるも実際の製品とは異なる。

a8_srrl-24-box_trim_P1020894.jpg
▲キット箱



★なお、一部の部品にエラーがあったことから、対策部品5種類が追って用意されている。
('17年4月末販売分より同梱)
a10_P1030858.jpg
(画像左から)
・煙突:ストレートではなく、実物通りテーパー付きに
・モーションプレート:フレームに取付後の位置が高すぎるため、組立済の改良品を用意
・ランボード左・右:ボイラー側の差込スリット位置が低すぎるため、正しい位置にイモ付前提で足を折り曲げた状態のものを用意
・第3動輪クランクピン:雄ネジ部分が長さ不足のため延長。
・後台枠:長さ不足のため延長

4月末以前の予約及び通販による購入者にはもれなく送付されているが、住所不明の購入者に対しては、エラーのモーションプレート部品を店に送れば対応するとの由。(『Saloon情報 No.228』 http://www7b.biglobe.ne.jp/~sango-fansite/saloon/228.pdf 参照)



▼本稿の内容について、読者の方からのご指摘がありましたので、以下に追記させていただきます
(2017.8.30)

●No.24の実物来歴についての補足
テンダーは幅詰め工事をした段階で、後面の中央部に幅6インチ程度のsplice plateを貼ったので、それがよく目立つ。そのため、この部分に入れたナンバーは、板を避けて入れてあるので,2と4の間が離れている。
ただし、ここが見える写真がほとんど本には載っていなかったのと、設計の元になったのがTemple Crittendenの描いた図面(“The Maine Scenic Route”にも所載)のはずであるが、その図面には当て板が描かれていなかったので、付けていないのが普通だろう。韓国製ブラスのOn2のも,おそらくそうなっていないはず。
工事の時期は、事故の後“即座に”したのではなく、翌年、1920年の3月11日にマドリッド駅近くでスノウプラウ№512を押して除雪中に脱線した写真でもオリジナルの幅広テンダーだったため、工事はそれ以降ということになる。

●珊瑚の製品と実機の違いなど
・動輪径は33インチ(計算上φ9.625)なのでちょっと小さく、第2動輪はフランジレス(blind)。先輪・従輪は22インチ(φ6.42)なのでこれもちょっと小さく、テンダー車輪は20inch(φ5.83)なので大きい。
・煙室のクリーニングホール(説明書では“クリーニングホイール”と誤記されているが…)は左側だけで両側には付いていない。
ちなみにこのパーツ(説明書右側『ボイラー・煙室』の7番)はCleaning Hole Lid(蓋)であって,これを外すと“ホール”が見える。24号機のその部分が見える写真では,この蓋のハンドルの先端と,そのすぐ下の煙室側面とを鎖で結んであり(フォーニィ№22ではハンドレールに結んでいる)、煙室のクリーニング時には,外した蓋がぶら下がっているのが見えたことであろう。
・キャブ前妻のところに付いているⅤ型のパーツ(説明書では『ボイラー・煙室』の23番:電線管)だが、実物には、どの写真を見てもこんな格好のパーツは付いていない。
Crittendenの図面(正面図)では,前妻上方にそれっぽいものが描かれているが、これは×型の帯材による補強のようなもので、図面を読み間違えて作ったのではないか?

なお、以上のことは、“The Sandy River and Rangeley Lakes Railroad and Predecessors,Volume 1”掲載の写真から判断できる。



  
関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

kurikura

Author:kurikura
極北ナローモデラーの溜まり場・クリッターズクラブであります。
主管理者:cjm
連絡先:kurikuraz★gmail.com(お手数ですが★を@に替えて下さい)
■管理者ページ
   

最新記事

検索フォーム

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。