Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurikuraz.blog43.fc2.com/tb.php/47-f5847884
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. LONG CABOOSE No.551

srrl_caboose551_a10_kt_R0047460.jpg
▲未塗装の組立例。(本項被写体の製作・所蔵全て:平田邦彦)

発売初年:1982年
(広告:TMS411号['82年1月号]初出、414号['82年4月号]製品紹介掲載)
発売当初価格
ベースキット:6,200円

No.556~558に比べ一回り車体の長いコンビネーション・カブースで、大柄なテンダー機との組み合わせでもサマになる。
車番にたがわず実車はこちらの方が古く1905年の製造で、551・552が相当する(製品のラベルと説明書にはNo.551-553と記されているが、実車の553はさらに車体が長く、窓割りも異なる)。
模型の方は、エッチング主体の上回りにドロップ製の台車で、No.556~558同様の構成である。


srrl_caboose551_fk_a10_kt_R0047466.jpg
▲斜め上から見る。

srrl_caboose551_ud_a10_R0047469.jpg
▲床下をみる。

srrl_caboose551_pt_a8_R0047441.jpg
▲キットの内容。一番上は同梱のThinFilm社製デカール。

sango-ai_srrl_long-caboose_a8.jpg
▲組立説明書。説明書と箱のラベルの品名表記は『S.R.&R.L. LONG CABOOSE No.551-553』となっている。メーカー名表記は単に“SANGO WORKS”となった。

a8_trim_R0047408.jpg
▲キット箱
  
  
関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurikuraz.blog43.fc2.com/tb.php/47-f5847884
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

kurikura

Author:kurikura
極北ナローモデラーの溜まり場・クリッターズクラブであります。
主管理者:cjm
連絡先:kurikuraz★gmail.com(お手数ですが★を@に替えて下さい)
■管理者ページ
   

最新記事

検索フォーム

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。