Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurikuraz.blog43.fc2.com/tb.php/35-26e0da20
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

【珊瑚HOナロー】 1/80 住友セメントDL・鉱車エッチング板



■1/80 住友セメントDL・鉱車エッチング板

a9_angm_sumitomo10t-eh_re.jpg
a8_angm_sumitomo_ore-eh_re.jpg
▲上:10tDL/下:鉱車(ともに所蔵:安達良樹)

・DL
発売初年:1972年
(広告:TMS294号['72年12月号]初出)
発売当初価格:250円(後年360円に改訂)

・鉱車
発売初年:1972年
(広告:TMS293号['72年11月号]初出)
発売当初価格:250円(後年360円に改訂)

沼尻鉄道の4種類に続いてリリースされた1/80ナローのエッチング板。
発売は1972年でまさしく『ダックス』前夜のことであり、これを最後に珊瑚のHOナロー製品は1/87規格へと切り換わることになる。
プロトタイプは、栃木県葛生町に1980年まで現存した、住友セメント栃木工場~唐沢鉱山間の石灰石輸送軌道で活躍した車輛。
機関車は日立製の10t・B型板台枠のディーゼル機。エッチング板の内容が上回りのみである点は沼尻DLと同様だが、キャブの屋根部分が含まれる点が異なる。
鉱車は同軌道で'70年代初頭まで使われていた側開式の2軸車。荷台のカサ上げの跡がある旧タイプと、リベットの無い新タイプが1輛分ずつアソートされている。板には台枠部分まで含まれており、別に調達が必要なのは軸受、車輪、カプラーとなる。
TMS誌の242号['68年8月号]に実物の紹介記事が掲載(『ナローゲージ・モデリング』にも再録)されているが、板はその記事に収録の実測図面からかなり忠実に起こしたものといって差し支えない。
珊瑚の店頭には、'80年代初頭まで在庫が残っていた。

a7_iemoto_sumi10t_tms-cdt.jpg
▲DLの組立作品例。床板から下は全自作である。 (製作:新井一雄 『鉄道模型趣味』412号('82年2月号)より転載[(C)機芸出版社承認済]
▼上記のDL作品の現在の姿。動力は失われているが、製作当時はトミックスNゲージ動力車の部品(ED75の動輪、キハ02のギア、CタイプDLのモーター)に自作フレームを組み合わせたものだったとの由。
a8_sumi-eh_iemoto_P1060501.jpg

a8_sumi-ore_abe_R0049684.jpg
▲鉱車の組立作品例。 (製作:阿部高夫)
関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurikuraz.blog43.fc2.com/tb.php/35-26e0da20
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

kurikura

Author:kurikura
極北ナローモデラーの溜まり場・クリッターズクラブであります。
主管理者:cjm
連絡先:kurikuraz★gmail.com(お手数ですが★を@に替えて下さい)
■管理者ページ
   

最新記事

検索フォーム

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。