Entries

【珊瑚HOナロー】 沼尻ガソ101(I)

a9_gaso75_kata_R0046393.jpg
▲キャラメルモーター仕様だった初代(I)の塗装済完成品。シボフ・ボハフの完成品と比べブルーの色味がやや濃い目だった。

発売初年:1975年
(広告:TMS326号['75年8月号]発売予告初出、329号['75年11月号]初出/330号['75年12月号]製品紹介掲載)
発売当初価格
塗装済完成品:8,800円(1976年)
ベースキット:4,500円(1975年)
       →4,800円(1980年)

沼尻ガソ101は、わが国のナローゲージモデルの世界ではかねてより人気の高い車種である。
模型製品としてはO・HO・Nの各スケールで延べ6社からリリース(※註)され、その一方でペーパーやプラ板による手軽な自作の題材としてこれを選ぶファンも少なくない。
プロトタイプは1929年雨宮製作所製で、沼尻鉄道としては唯一の自社発注気動車。運転のさいには進行方向に合わせて方向転換が必要ないわゆる『単端式』として多くのファンに認識されるも、じつは製造当初は逆転機を備える両運車だったという異端児。1950年にエンジン換装と伝導系の改造を施されたことで、ようやく真の単端式になったというエピソードをもつ。晩年は予備車扱いで活躍の機会は限られたものの鉄道廃止時まで在籍し、結果的に“最後の現役単端”としても名を知られることになる。

一度聞いたら忘れられない“ガソ”という形式名のインパクト。いかにも作りやすそうな直線的なデザインながら、正面のヒサシや車体のリベットのおかげで適度にメリハリのある外観。さらに1輛だけでも遊べるという入門にうってつけな点などが広く愛されている理由であろうか。
だが、その人気が形づくられて行くうえで、HOナローの黎明期に動力車としては最も安価な価格帯で提供され、キット自体も比較的組みやすかった珊瑚の製品の存在が大いに貢献しているのは間違いないだろう。

珊瑚ではDC12やシボフ・ボハフと同様1/80のエッチング板が先行しているが、HOn2-1/2版の沼尻シリーズにおいてはDC12に次ぐ動力車として発売された。
製品全体のディメンションは、屋根と幕板が薄く、窓も大きいうえやや腰高なことで、実車よりむしろ軽快なイメージに仕上がっている。
上回りはエッチング+プレス抜の外板が扉前方の窓1枚+妻板+扉後方の窓5枚分を一体曲げとしており、これを2個、窓枠の内板と組合わせて車体を形づくる。屋根、妻板庇、端梁がプレス、ヘッドライトとベンチレーターは挽物、ラジエターグリルはエッチング+プレス、ラジエター横の箱(説明書では『工具箱』と誤記されている)がホワイトメタル。
後妻に貼る荷台はエッチング抜きだが、当時としてはひじょうに繊細な抜き上がりであった。

足回りはマブチのキャラメル型モーターをDC12と同様のホルダーで床板に縦置き固定、ウォームを前輪に掛けアイドラー3枚を介して後輪にも連動する。
ギアフレームの構造はあまり他に類を見ないタイプ。U字状にプレスしたフレームが2個あって、各々の外側にはドロップ製の軸受をハンダ付、内側には連動ギアのシャフトを受ける孔が3ヶ所開いており、それでプレーン軸の動輪と連動ギアを挟み込むかたちで保持しつつ床板にネジ留めする。
なお、最初に発売されたキットでは軸受はフレームにハンダ付済であったが、1980年の再生産版ではバラになっていて自分で取り付けねばならなかった。
悪名高き?キャラメルモーター搭載ではあったが、同時期のHOナロー製品-ダックスやDC12、乗工社のPUシリーズほど動力の構造に気難しさがなかったせいか、走りは比較的安定している方だった。

※註:HOナロー:珊瑚、津川洋行、ワールド工芸、モデルワーゲン/Oナロー:オレンジカンパニー/Nナロー:ペアーハンズ)


a8_gaso75_rear_R0047209.jpg
▲完成品のリアビュー。1枚前の写真と見比べていただくと、側面の扉位置が左右対称となっていることが判る。ヘッドライトの取付位置が前妻と異なりヒサシの下である点にも注意。なお、完成品でもエッチング抜の荷物台はユーザーによる任意取り付けとなっていた。

cb_a8_gaso75_pw.jpg
▲初代(I)の動力装置。DC12と同様U字型のホルダーでキャラメルモーターを保持し、特殊形状のラグ板で端子へ導電。モーターのある写真左側が前進の方向になる。減速比は1:13、ギアはM0.4のヘリカルで、連動ギア2枚がデルリン製。ホイールベースは21mm。軸受は一段リンク式を模したドロップ製。

sango-ai_gaso_old.jpg
▲最初の組立説明書。イラストにはシャドウの表現がなく、背景にアミが入っている(提供:阿部高夫)※2012.1.9追加

sango-ai_gaso-7x_a8.jpg
▲イラストの処理を変更後の説明書(1980年購入のキットに同梱)。
なお、図の中に描かれていないモーターはウォーム打込み済で同梱されていた。本文末尾の「単端は(中略)あなたの鉄道会社の主力となって働くことでしょう」というコピーに心をときめかせた方も多いのでは。

a8_gaso75_pkg_abe_R0047426.jpg
▲初期のキット箱。小豆色のフタに品名手書きのラベル(提供:阿部高夫)

a8_gaso81_pkg_R0046136.jpg
▲1980年再生産時のキット箱。木目フタに光沢紙2色刷ラベル。

a8_gaso-kan_pkg_gold_lbl.jpg
a8_gaso-kan_pkg_gold.jpg
▲初期の塗装済完成品の箱(金色フタ+品名スタンプ捺ラベル)とその梱包状態。(所蔵:浅野俊雄)

update:2012.1.9(組立説明書 画像追加・記述修正)
   
関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurikuraz.blog43.fc2.com/tb.php/24-6046f871
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

kurikura

Author:kurikura
極北ナローモデラーの溜まり場・クリッターズクラブであります。
主管理者:cjm
連絡先:kurikuraz★gmail.com(お手数ですが★を@に替えて下さい)
■管理者ページ
   

最新記事

検索フォーム

まとめ