Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurikuraz.blog43.fc2.com/tb.php/19-c391ed49
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

【珊瑚HOナロー】 ナロー用給水塔

■ナロー用給水塔

a8_kyusui_R0046480.jpg
▲組立・塗装例。手前のコッペル(イモン製)との対比からサイズを想像されたい。

発売初年:1997年
(広告:TMS630号['97年8月号]発売予告、631号['97年9月号]初出・図掲載)
発売当初価格
ベースキット:2,600円(2010年現在2,800円)

HOナロー向けの小ぶりな円筒形給水タンク。
古くからのナローファンの方は察しがつくことと思うが、実質、初期の乗工社製品のリプロダクションといってよい製品。
乗工社版はタンクの屋根と底板が真鍮挽物製で、M1.4の長尺段付ビスで上下を固定する構造であったが、こちらはプレス製パーツに改められている。また、タンク側面のエッチングパターンも別物に変更されている。
ホワイトメタル製の櫓とロストの注水バルブは従来通り。
※参考リンク:
乗工社版説明書(西南海観光鉄道『探究・乗工社』
乗工社版仕上作例(陽だまり日誌)

a8_kyusui_u_R0046483.jpg
▲底面から見た状態。タンクの底板はプレス抜の円板2枚と角板1枚をM1.4ビスで共締めする構成で、タンクを櫓天面に接着する際に底の角板が位置決めの役割を果たす。

a8_kyusui_pkg_R0047315.jpg
▲発売当初のパッケージ(所蔵:平田邦彦)

a8_kyusui_kit_R0047316.jpg
▲キットの内容

sango-ai_w-tank_a8.jpg
▲組立説明図

a8_kyusui_pkg_R0047429.jpg
▲現行のパッケージ。ラベルと価格が変わっている。(珊瑚店頭にて許可を得て撮影 2010.4)


<※写真はすべてクリックで拡大>

upload:2010.6.6
update:2011.5.21
(価格の項訂正/画像追加)

   
関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurikuraz.blog43.fc2.com/tb.php/19-c391ed49
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

kurikura

Author:kurikura
極北ナローモデラーの溜まり場・クリッターズクラブであります。
主管理者:cjm
連絡先:kurikuraz★gmail.com(お手数ですが★を@に替えて下さい)
■管理者ページ
   

最新記事

検索フォーム

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。