Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C16] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013-05-15
  • 投稿者 :
  • 編集

[C17] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013-05-15
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurikuraz.blog43.fc2.com/tb.php/13-8f2c98ff
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

シリーズ連載-珊瑚模型店のHOナロー製品小史

trim_a8_R0046008.jpg

珊瑚模型店といえば、16番を中心とした真鍮製バラキットのメーカーとして名高い一方で、わが国における9mmゲージナロー(HOn2-1/2)の車輛製品のパイオニアでもあり、一時期はOナローも含めて熱心に製品化に取り組んでいました。
また、最初のHOn2-1/2製品である“ダックス”に数年ほどさきがけて、すでに1/80スケールで沼尻鉄道などの車輛素材エッチング板を何種類かリリースしていたことも記憶しておきたい事実です。
最近ではナローの新規製品はすっかり鳴りをひそめてしまったものの、一部の製品は、販売ルートがメーカー直販(店頭・通販共)とごく一握りの小売店・通販ウェブサイトに限られるとはいえ、今も時折再生産がなされて入手が可能です。とくに沼尻鉄道のボギー客車(シボフ・ボハフ)は、35年以上にわたるロングセラーとなっています。

一部の方はご存知かと思いますが、昨年(2009年)の暮れに、二玄社から『写真と図面で楽しむ鉄道模型』という書籍が出版されました。この本には“珊瑚模型店45年の歴史”という副題も付されており、実際に内容は珊瑚模型店製品オンリーで、他に小林利夫社長へのインタビューや、今まで発売された製品のリストなど同店の歴史の理解に役立つ内容も盛り込まれています。
しかし、製品の紹介に関しては1/80・1/87・1/45の国鉄型蒸機が主体で、それ以外の車種に関する紙幅は少なく、HOナローについては一葉の写真すら掲載されていないのが、ナローファンとしてはじつに惜しいと感じるところです。珊瑚のナローは、何より先にも触れたとおり、わが国のナロー製品のパイオニアという忘れがたい功績があるのですから。

そこで、これを機に、同社のナロー製品を、記録も兼ねて、写真と解説により個別にご紹介してみようと思い立ちました。ただ、われわれクリクラだけですべての製品を網羅できているわけではないため、この先、読者の皆様からも情報や資料のご協力をいただきながら内容の充実を図ってまいりたく、宜しくお願い致します。
本来であればOナローも併せてご紹介したいところですが、筆者の守備範囲の関係もあるため、まずはHOナローに限って話を進めさせていただきたく存じます。

★当連載各記事における、製品の組立説明書や店頭配布物の画像のアップロードにつきましては、珊瑚模型店の小林利夫社長からお許しを頂いております。また、記事の作成に当たっては、知己のモデラーの皆様から色々と製品現物・資料のご協力を頂いております。この場を借りて御礼申し上げます。
記事中の画像は、特記以外は筆者(cjm)の所蔵・撮影となります。

(文責:cjm)

【追記】
●2012年秋に、二玄社の“珊瑚の本”第2弾・『図面と写真で楽しむ鉄道模型2-珊瑚模型店の小宇宙』が刊行されることになり、当方でもHOナロー関連製品の撮影・取材に協力をさせて頂きました。是非ご覧いただければ幸いです。
写真と図面で楽しむ 鉄道模型2: 珊瑚模型店の小宇宙写真と図面で楽しむ 鉄道模型2: 珊瑚模型店の小宇宙
(2012/10/30)
阪 和明、岡倉 禎志 他

商品詳細を見る

●2013年4月時点で、日本型車種に関しては記事のアップがおおむね完了しましたので、それを機に連載の目次リンクを整理しました。下記エントリをご参照下さい。
 珊瑚模型店のHOナロー製品小史 連載目次

upload:2010.4.11
update:2013.4.13
  

関連記事
スポンサーサイト

2件のコメント

[C16] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2013-05-15
  • 投稿者 :
  • 編集

[C17] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013-05-15
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kurikuraz.blog43.fc2.com/tb.php/13-8f2c98ff
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

kurikura

Author:kurikura
極北ナローモデラーの溜まり場・クリッターズクラブであります。
主管理者:cjm
連絡先:kurikuraz★gmail.com(お手数ですが★を@に替えて下さい)
■管理者ページ
   

最新記事

検索フォーム

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。