Entries

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. SNOW PLOW No.513

▲未塗装組立例 (製作:北村昌三)発売初年:1982年(広告:TMS422号['82年11月号]初出 製品紹介:TMS423号['82年12月号])発売当初価格ベースキット:6,500円SR&RL鉄道に都合5輛いたスノープロウのうちの一台で、屋根上にキューポラ状に突き出たキャブを有するNo.513がプロトタイプ。ウイングを持たない分、車体幅がやたら広いのが目につく。 模型は、プロウの部分にダミーのカプラーと一体のロストを奢っているのが白眉。車体の...

【珊瑚HOナロー】 SR&RL R.P.O. BAGGAGE(POSTAL No.6)

発売初年:1983年 (広告:TMS427号['83年3月号]初出 製品紹介:TMS429号['83年5月号]/とれいん101号['83年5月号]) 発売当初価格 ベースキット:6,200円 客車製品のしんがりとなったのは、Franklin & Megantic鉄道に1912年に入線した郵便荷物合造車(※R.P.O.は[U.S.]Railway Post Officeの略称)。 SR&RLの関連会社であったPortland Terminal Companyの製造。デッキの無い切妻車体で、貨車のように台車も車端ギリギリまで寄せた...

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. COACH No.19・20

発売初年:1981年 (広告:TMS408号['81年11月号]初出 製品紹介:TMS408号['81年11月号]/とれいん83号['81年11月号]) 発売当初価格 ベースキット:6,200円 実車はPhillips & Rangeley鉄道が1891年に導入したBillmayer & Small製の普通客車で、“COMBINE”No.15同様、(デッキを除いた)車体長43ft2inの体躯を誇る。 模型では、この車種から床板が改良され、側面に補強の折り返しを付けることで強度が向上している。 屋根上に一列...

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. COMBINE No.15

発売初年:1981年 (広告:TMS405号['81年8月号]初出 製品紹介:TMS405号['81年8月号]/とれいん80号['81年8月号]) 発売当初価格 ベースキット:6,200円車の第2弾はコンバイン(合造車)で、実車は1890年にPhillips & Rangeley鉄道が導入したもの。製造は19世紀後半にナローゲージの客貨車を主に手がけていた車輛メーカー・Billmayer & Small社。 端部を派手に絞った深いシングルルーフと、上辺がアーチを描く窓・荷室扉が特徴。...

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. PARLOR CAR No.9

▲製作:小埜寺哲雄(車内座席取付加工・カプラー台車マウント化。屋根煙突脇の水タンクとブレーキシリンダーは未取付) 発売初年:1981年 (広告:TMS399号['81年3月号]初出 製品紹介:TMS401号['81年5月号]/とれいん77号['81年5月号]※カラー写真のみ) 発売当初価格 ベースキット:6,200円 メイン2フーターの車輛たちは、大柄な車体と足回りの腰の低さからくる地を這うようなプロポーションが特徴だが、とくに客車の多くは端梁...

Appendix

プロフィール

kurikura

Author:kurikura
極北ナローモデラーの溜まり場・クリッターズクラブであります。
主管理者:cjm
連絡先:kurikuraz★gmail.com(お手数ですが★を@に替えて下さい)
■管理者ページ
   

最新記事

検索フォーム

まとめ