Entries

スポンサーサイト

S.R.&R.L. 2-6-2 No.24 【珊瑚HOナロー】

▲完成見本(珊瑚模型店にて撮影)2017年3月発売価格:ベースキット 44,000円前作のSR&RL No.9に引き続き、『サンデーリバーの仲間達』のパンフレット掲載の蒸機の新規製品化である。2017年3月5日開催の『スワップミート同窓会』で製造中サンプルの発表と購入予約受付をおこない、翌週に店頭発売となった。実車は1919年にSR&RL鉄道最後の蒸機としてボールドウィン(BLW)で製造されたもので、先だって導入されていた、やはりBLW製...

『珊瑚模型店のHOナロー製品小史』 連載目次  SANGO HOn models archive - index

かねてより牛の涎のごとく連載中の『珊瑚模型店のHOナロー製品小史』ですが、2000年代初頭までの製品のアップが完了しましたので、インデックスを整理したこのエントリをまたしばらくの間トップに置くことに致します。ハイパーリンクの貼ってある項目がアップ済のエントリです。●当連載の主旨●HOナロー製品一覧表 product list【2015.6.10 update】 製品一覧表(Oナロー暫定版を含む)(PDF)【2015.6.10 update】サンデーリバー...

S.R.&R.L. 2-4-4 No.9 【珊瑚HOナロー】

▲オプションのスノープロウを取り付けた姿の完成見本(珊瑚模型店にて撮影) 2016年4月発売 価格:ベースキット 36,000円 No.18につづく蒸機のキットとして2016年3月27日の『スワップミート同窓会』にて発売が予告されていたが、実際には一週間遅れて4月3日に店頭リリースとなった。 メイン2フーターの象徴ともいえる “FORNEY”(フォーニィ)タイプのロコは、珊瑚の『サンデーリバー・シリーズ』では初めての製品化。また、1980年...

S.R.&R.L. 2-6-2 No.18(II) 【珊瑚HOナロー】

▲組立見本(珊瑚店頭にて撮影)2015年12月発売 価格:ベースキット 39,000円2014年からリリースが再開されたサンデーリバー・シリーズで、ようやく蒸機・No.18の再生産品がお目見えした。改良点が多いことから便宜上『II』としてご紹介する。(初回生産品についてはこちらを参照) ホワイトメタル製だったディテールパーツのロスト化と、モーターがサガミ1220からダックスIIと同じ並木10×13mmコアレスになったことが従来品からの...

ダックス(2014) 【珊瑚HOナロー】

▲サドルタンク 組立例 2014年10月発売価格(いずれもベースキット):ダックスIIテンダー      26,600円 サドルタンク(木製キャブ) 24,800円   サイドタンク(鋼製キャブ)  25,000円 日本初のHOn2-1/2製品という栄誉の一方で、30年以上にわたり供給の途絶えていた『ダックス』が、2014年の秋につかの間の復活を遂げた。この年は、秋の軽便鉄道模型祭にて、ダックスのプロトタイプとなったブラジルのペルス鉄道の...

S.R.&R.L. FLANGER No.505 【珊瑚HOナロー】

▲煙突のある側の妻板は、扉が右側にオフセットしている。(珊瑚店頭の組立見本を撮影)2015年3月発売価格:ベースキット 6,200円2014年夏より久々に再生産の始まったサンデーリバー・シリーズに加わった新製品。同社のHOナロー車輛で、従来品の改良製品を除いた新規車種としては、1988年の住友DL以来じつに27年ぶりとなる。プロトタイプはNo.501~506の計6輛の同系車が存在し、いずれも1901年 SRRRの自社製。2本のレールの間の雪...

サンデーリバー・シリーズの再生産 【珊瑚HOナロー】

▲サンデーリバー・シリーズ再生産品のキット内容例(RAIL CAR No.4)1980年代前半に展開された『サンデーリバー・シリーズ』は、その後再生産もされないまま立ち消えとなっていたが、2014年6月に店頭フリーペーパー『Saloon情報』とTMS誌広告(2014年7月号)でシリーズの再生産の告知がなされ、同年8月より順次発売が続いている。『Saloon情報』2014.9.28号で紹介された発売予定品のラインナップは以下の通り。(★印は発売済品 お...

ダックスII 【珊瑚HOナロー】

Special Thanks: Toby Kawa発売初年:1983年 (広告:TMS421号['82年10月号]初出/製品紹介:TMS426号['83年2月号]、とれいん98号['83年2月号]) 発売当初価格 ベースキット(Bキット):16,000円 初代“ダックス”の発売からちょうど10年を経た1983年に発売されたもの。品名からすると単純にダックスの改良製品と取れるが、ラインナップはテンダー機のみで、実質的には当時商品展開中だった『サンデーリバー・シリーズ』のSR&RL18...

ナロー用ターンテーブル 【珊瑚HOナロー】

▲キット箱(珊瑚店頭にて許可を得て撮影)発売初年:2003年(広告初出・製品紹介とも:TMS720号['04年1月号])発売当初価格ベースキット:18,000円旧・乗工社製ターンテーブルのプラスチック一体成型によるピット部分のパーツのストックを利用し、それ以外のガーターや駆動部分のパーツを完全新規設計で製作した、HOナロー用の手動式ターンテーブルのキット。スケールは明記しないかわり、説明書には“1/87・1/80、ゲージ9mm・10.5m...

SSコントローラー 【珊瑚HOナロー】

発売初年:1979年(広告:TMS381号['79年12月号]初出)発売当初価格:4,000円1979年の暮れに発売された小型のパワーパックで、製造は今井製作所が担当。むろん使用ゲージは不問だが、『スペースパネル』との組合せを前提としたコンパクトな設計が特徴で、ナローやNゲージへの使用を強く意識した製品であった。定格電流こそ0.4Aと控えめだが、スピード制御は当時まだ主流だったレオスタットではなくトランジスタによる電圧制御。そ...

スペースパネル 【珊瑚HOナロー】

▲PECOのOO9フレキシブル線路を敷き、側枠には木目の化粧紙を貼ってSSコントローラーを組み込んだデモ用作例('14-1 珊瑚店頭にて許可を得て撮影)発売初年:1979年(広告:TMS383号['80年1月号]初出)発売当初価格: 1,900円HOナローのパイク向けを狙った、小型のレイアウトパネル。寸法はW450×D300×H80mmで、天板と側枠長辺は5.5mm厚シナ合板、側枠短辺は11.5mm厚のラワン合板で構成。側枠長辺の片側には、先行して発売されたパワ...

システムパネル 【珊瑚HOナロー】

発売初年:1974年(広告:TMS318号['74年12月号]初出、319号['75年1月号]写真掲載)発売当初価格大(600x300mm):2,200円小(300x300mm):1,800円一見何の変哲もない、ベニヤ板と角材の組合せによるレイアウトパネルだが、いわゆる集合式(モジュール)レイアウトの類への利用を意識したパネルとしては、最も早い段階で発売に到ったものの一つであろう。87.PRECINCTによるTMS誌の連載記事『ダックス・ストーリー』にて、その最終...

ダックス(初代) 【珊瑚HOナロー】

発売初年:1973年(広告:TMS295号['73年1月号]初出/製品紹介:297号['73年3月号] 『the DACHS STORY』記事内)発売当初価格ベースキット(Bキット):各8,700円未塗装キット(Aキット):タンク機 8,200円 テンダー機:9,200円完成品:12,000円よりわが国で初めて、国産かつ国内向けに供給された本格的ナローゲージ車輛製品として記憶されるべき存在がこの『ダックス』である。製品自体の内容をひとことでいえば、“ボールドウィ...

S.R.&R.L. 2-6-2 No.18 【珊瑚HOナロー】

▲未塗装組立例 (製作:倉林 実)発売初年:1982年 (広告:TMS415号['82年5月号]初出 製品紹介:TMS420号['82年9月号]/とれいん93号['82年9月号]) 発売当初価格ベースキット:19,000円 珊瑚『サンデーリバー・シリーズ』の蒸機は当初4機種が予告されていたが、結果的に唯一製品化されたのがSR&RL鉄道のテンダー機・18号機であった。 実車は1893年ボールドウィン(BLW)製で、SR&RLの前身の一つであるSandy Rive...

S.R.&R.L. RAILCAR No.4 【珊瑚HOナロー】

▲未塗装組立例 (製作:小埜寺哲雄)発売初年:1983年(広告:TMS422号['82年11月号]初出 製品紹介:TMS427号['83年3月号])発売当初価格ベースキット:11,000円1925年にSR&RLが自社工場で製作したレールカー。エンジンやミッションはREO Motor Car Companyの小型トラック・“REOスピードワゴン”からの流用で、キャビンは車内に3人掛けの座席が5列並ぶコンパートメント・スタイル。足回りは当初4輪だったが、後年先台車を2軸化して...

【珊瑚HOナロー】 B&H TANK CAR No.22

発売初年:1984年(広告:TMS442号['84年4月号]初出 製品紹介:TMS444号['84年6月号]/とれいん114号['84年6月号]発売当初価格ベースキット:7,000円Bridgton & Saco River(B&SR)鉄道−のちのBridgton & Harrison(B&H)鉄道に2輛居たタンク車(No.14/22)のうちの1輛。木製台枠のフラットカーの上に、太い角材の台座を介してタンクを載せた構造で、ドームに昇るハシゴは片側のみに付く。模型は、真鍮主体ながらも、ホワイトメタ...

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. BOX CAR No.67-76

(▲所蔵:小埜寺哲雄)発売初年:1982年(広告:TMS417号['82年7月号]初出 製品紹介:TMS419号['82年8月号]/とれいん93号['82年9月号])発売当初価格ベースキット:3,800円SR&RL鉄道の全長28ft級・20,000ポンド積の木造ボックスカー。実物の該当車番は『No.67-76』とされている(ただし67・68は後年改造により全長が1ftほど短くなっている)。模型は車体がエッチング主体で、妻板と側板内板が一体となった板をコの字型に曲げ、...

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. SNOW PLOW No.513

▲未塗装組立例 (製作:北村昌三)発売初年:1982年(広告:TMS422号['82年11月号]初出 製品紹介:TMS423号['82年12月号])発売当初価格ベースキット:6,500円SR&RL鉄道に都合5輛いたスノープロウのうちの一台で、屋根上にキューポラ状に突き出たキャブを有するNo.513がプロトタイプ。ウイングを持たない分、車体幅がやたら広いのが目につく。 模型は、プロウの部分にダミーのカプラーと一体のロストを奢っているのが白眉。車体の...

【珊瑚HOナロー】 SR&RL R.P.O. BAGGAGE(POSTAL No.6)

発売初年:1983年 (広告:TMS427号['83年3月号]初出 製品紹介:TMS429号['83年5月号]/とれいん101号['83年5月号]) 発売当初価格 ベースキット:6,200円 客車製品のしんがりとなったのは、Franklin & Megantic鉄道に1912年に入線した郵便荷物合造車(※R.P.O.は[U.S.]Railway Post Officeの略称)。 SR&RLの関連会社であったPortland Terminal Companyの製造。デッキの無い切妻車体で、貨車のように台車も車端ギリギリまで寄せた...

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. COACH No.19・20

発売初年:1981年 (広告:TMS408号['81年11月号]初出 製品紹介:TMS408号['81年11月号]/とれいん83号['81年11月号]) 発売当初価格 ベースキット:6,200円 実車はPhillips & Rangeley鉄道が1891年に導入したBillmayer & Small製の普通客車で、“COMBINE”No.15同様、(デッキを除いた)車体長43ft2inの体躯を誇る。 模型では、この車種から床板が改良され、側面に補強の折り返しを付けることで強度が向上している。 屋根上に一列...

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. COMBINE No.15

発売初年:1981年 (広告:TMS405号['81年8月号]初出 製品紹介:TMS405号['81年8月号]/とれいん80号['81年8月号]) 発売当初価格 ベースキット:6,200円車の第2弾はコンバイン(合造車)で、実車は1890年にPhillips & Rangeley鉄道が導入したもの。製造は19世紀後半にナローゲージの客貨車を主に手がけていた車輛メーカー・Billmayer & Small社。 端部を派手に絞った深いシングルルーフと、上辺がアーチを描く窓・荷室扉が特徴。...

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. PARLOR CAR No.9

▲製作:小埜寺哲雄(車内座席取付加工・カプラー台車マウント化。屋根煙突脇の水タンクとブレーキシリンダーは未取付) 発売初年:1981年 (広告:TMS399号['81年3月号]初出 製品紹介:TMS401号['81年5月号]/とれいん77号['81年5月号]※カラー写真のみ) 発売当初価格 ベースキット:6,200円 メイン2フーターの車輛たちは、大柄な車体と足回りの腰の低さからくる地を這うようなプロポーションが特徴だが、とくに客車の多くは端梁...

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. LONG CABOOSE No.551

▲未塗装の組立例。(本項被写体の製作・所蔵全て:平田邦彦)発売初年:1982年(広告:TMS411号['82年1月号]初出、414号['82年4月号]製品紹介掲載)発売当初価格ベースキット:6,200円No.556~558に比べ一回り車体の長いコンビネーション・カブースで、大柄なテンダー機との組み合わせでもサマになる。車番にたがわず実車はこちらの方が古く1905年の製造で、551・552が相当する(製品のラベルと説明書にはNo.551-553と記されている...

【珊瑚HOナロー】 S.R.&R.L. CABOOSE No.556

▲仕上作例。中古の完成品を入手したものだが、メーカー製かどうかは不明。発売初年:1980年(広告:TMS394号['80年11月号]初出、同号製品紹介掲載/とれいん72号['80年12月号]製品紹介掲載)発売当初価格ベースキット:5,800円塗装済完成品:14,000円 『ロコ一つにコンボカブース一つ、これで小鉄道の列車は出来上る』TMS103号('57年1月号)の“プロトタイプガイド”に、このフレーズともども図面が載ったのが、まさしくこのカブー...

【珊瑚HOナロー】 サンデーリバー・シリーズ 概要

▲BLWの2-6-2テンダー機・No.18(上/製作:倉林 実)と、パーラーカーNo.9(下/製作:小埜寺哲雄) 珊瑚のHOナローにおいて、ダックス、沼尻シリーズと並んで存在感を示していた製品群が、『サンデーリバー・シリーズ』であった。かつて、米国ニューイングランド地方の北端・メイン州にて独自の発達をみせた2フィートゲージの鉄道たち―いわゆる“MAINE TWO-FOOTERS”の中でも、都合6社の合併を経て最大の規模を誇ったサンディリバー&...

【珊瑚HOナロー】 住友鉱車

▲住友鉱車 組立作例 (製作:新井一雄) 発売初年:1982年(広告:TMS413号['82年3月号]発売予告初出、414号['82年4月号]製品紹介掲載発売当初価格ベースキット:2輛セット 2,400円(1988年2,600円、2001年3,000円) 住友セメント栃木工場~唐沢鉱山の軌道で、1974年頃まで本線で使われていた側開式の3t積2軸鉱車がプロトタイプ。キットは2輛セット。上回りはエッチング抜で、妻板と側板の内板を一体とすることにより、妻板に継ぎ...

【珊瑚HOナロー】 住友人車

▲住友人車 組立作例 (妻板扉上辺のドアレールはノンオリジナル、ブレーキハンドルのポストも妻板接着とはしていない。/製作:新井一雄) 発売初年:1981年(広告:TMS409号['81年12月号]新発売告知、411号['82年1月号]製品紹介掲載発売当初価格ベースキット:2,400円(2001年2,800円)プロトタイプは住友セメント栃木工場~唐沢鉱山の軌道に作業員の輸送用として1輛だけ居た2軸の客車で、鉱車の足回りに木製トタン張りの車体を載...

【珊瑚HOナロー】 住友シリーズ - 住友セメント B型ディーゼル(日立10t)

■住友シリーズ“ダックス”以前に1/80のエッチング板で発売されたことのある住友セメント栃木工場~唐沢鉱山の専用線の車輛も、沼尻シリーズ同様に後年HOを謳うベースキットが改めてお目見えした。1981~82年にかけて人車と鉱車が、少し間を置いて1988年に日立10tDLが発売されている。住友セメント B型ディーゼル(日立10t)▲住友10tDL 組立作例 (製作:新井一雄)発売初年:1988年(広告:TMS497号['88年2月号]発売予告初出、500号...

【珊瑚HOナロー】 HOn3 R.G.S. GALLOPING GOOSE エッチング板

R.G.S. GALLOPING GOOSE No.5発売年:1976年(TMS343号['77年1月号]製品紹介掲載)価格:1,200円R.G.S. GALLOPING GOOSE FREIGHT発売年:1980年(同社小売部ニュース『CORAL INFOMATION '80-11 No.3』に告知)価格:1,600円未抜エッチング板とはいえ、外国型かつ珊瑚ではおそらく唯一HOn3を標榜した製品。こう書くといかにも異色に思えるが、1970年代の半ば頃まで珊瑚は本邦における米国型ナローの有力なリテール・ショップのひと...

【珊瑚HOナロー】 HOn2-1/2 加藤製3t機関車 エッチング板

▲台枠やラジエターの刻印がしっかり再現されている辺りがマニア心をくすぐる。(所蔵:小埜寺哲雄) 発売初年:1975年価格:不明商業誌への広告・製品紹介記載の形跡は無いが、1975年に発売されたとおぼしき(板の片隅に“1975.5”と刻印有り)エッチング板。プロトタイプは言及されていないものの、住友セメント栃木工場~唐沢鉱山間の石灰石輸送軌道に居た加藤製作所製の3tガソリン機関車であることは明白である。さらに、この板は...

Appendix

プロフィール

kurikura

Author:kurikura
極北ナローモデラーの溜まり場・クリッターズクラブであります。
主管理者:cjm
連絡先:kurikuraz★gmail.com(お手数ですが★を@に替えて下さい)
■管理者ページ
   

最新記事

検索フォーム

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。